☆ぐっさんの写真日記

gussannda.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 21日

入野古墳 浜松市の古墳 2 

d0079764_23351127.jpg
d0079764_2335271.jpg
d0079764_23354440.jpg
d0079764_23355936.jpg
d0079764_23361731.jpg




浜松市西区入野町にある入野(いりの)古墳です。

5世紀前半に造られたと考えられ、直径44メートルで円墳としては市内で2番目の大きさです。


市内でもとても賑やかな場所にあり、こんなところに大きな古墳があったのかと驚かされました。

三方原台地の南端で、南の平野を見下ろせる場所にあります。

近年、宅地造成で周りが削られてしまったために、この土地だけがひときわ高い山として残ることになってしまいました。

この近くにこれほど大きな古墳が存在していないのも、この古墳を大きく見せてくれますね。

賑やかな町に溶け込んでしまった古墳。

そして造られてから1600年たっても静かな存在感を醸し出している巨大な古墳です。





形状、規模・円墳、直径44メートル、高さ5.9メートル
築造年代・5世紀前半
主体部・不明
位置情報
北緯34度42分5.30秒
東経137度42分27.29秒

2010年1月9日改訂




人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています。いつもクリックしていただいてありがとうございます。
[PR]

by gussannda | 2009-10-21 23:52 | 歴史 | Comments(2)
Commented by osannpo_popo150 at 2009-10-22 10:10
おはようございます♪
見晴らしが良いですね
今に溶け込んでいる。古きよきものですね

1600年とは・・・・歴史を感じますね。
Commented by gussannda at 2009-10-23 09:12
>ぐう^^さん
こんなに目立つ場所で1600年残っているのはすごいことですよね。
景色が良くて気持ち良いところですよ。
さすがに古墳の上でシートをひいてお弁当という気持ちにはなれませんでしたが^^


<< S90      お散歩 >>