☆ぐっさんの写真日記

gussannda.exblog.jp
ブログトップ
2009年 11月 16日

光明山古墳 浜松市の古墳 15

d0079764_113101.jpg
d0079764_113451.jpg
d0079764_1141732.jpg
d0079764_114441.jpg



浜松市天竜区山東にある光明山古墳です。

5世紀後半に造られた前方後円墳で全長88.4mもある浜松市内最大の古墳です。

もともと南側に2号墳があったそうで円墳で直径33mあったそうです。

2号墳は老人施設が建設されることに伴い発掘調査されたそうですが

主体部は発見されず副葬品も見つからなかったそうです。


光明山古墳は高さが8mあるそうですが、もっと大きく見えます。

造られた場所が南北を比較して4.5m傾斜しているからでしょうか。

市内の古墳の中では破格の大きさです。

やはり磐田市の巨大古墳の系統の古墳なのかもしれません。

発掘調査はされていないそうなので、いつか調査してほしいものです。

墳丘は東側は削られていますが全体的によく残っています。

大和政権とのつながりを感じさせられます。




位置情報
北緯34度52分29.89秒
東経137度49分8.13秒




人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています。いつもクリックしていただいてありがとうございます。
[PR]

by gussannda | 2009-11-16 01:37 | 歴史 | Comments(2)
Commented by しずおかk at 2009-11-16 23:57 x
5世紀後半の大きな前方後円墳なので、埴輪が見つかりそうですね!!
Commented by gussannda at 2009-11-17 09:26
>しずおかKさん
保存状態の良い埴輪がみつかってほしいです。
もし発掘調査されれば楽しみです^^


<< 写真      写真 >>