☆ぐっさんの写真日記

gussannda.exblog.jp
ブログトップ
2009年 12月 06日

陣座ヶ谷古墳 浜松市の古墳 30

d0079764_2305269.jpg

細い坂道を登っていきます。

d0079764_23161082.jpg

西側の円墳

d0079764_2317338.jpg

陣座ヶ谷古墳

d0079764_23181612.jpg

陣座ヶ谷古墳から細江方面を見る。

d0079764_23192922.jpg

細江から見た陣座ヶ谷古墳

d0079764_23204075.jpg

出土品  姫街道歴史民俗資料館蔵



浜松市北区細江町にある陣座ヶ谷古墳です。

市内で三番目の大きさをほこる古墳です。

大正4年に青銅鏡と刀が掘り出されましたが祟りを恐れ埋め戻されました。

昭和4年に再び堀り出されました。

墳丘は芝生をはって保護されています。


引佐細江地区では、4世紀中ごろの北岡大塚古墳から、馬場平古墳、谷津古墳の5世紀初めまで有力者の古墳が続けて造られ

しばらく古墳が造られない時期があり5世紀の後半に陣座ヶ谷古墳が造られました。

古墳が造られない間になにかあったのかもしれません。


陣座ヶ谷古墳のすぐ西側には直径12メートル、高さ0.6メートルの円墳があります。

東側にも直径15メートル、高さ4.5メートルの円墳が昭和42年まであったそうです。



形状、規模・前方後円墳、墳丘長約55メートル、高さ5メートル
築造年代・5世紀後半
主体部・不明
位置情報・
北緯34度47分58.32秒
東経137度40分2.79秒



浜松市の古墳シリーズは今回一時中断します。

市内の古墳を探索しているうちに、たくさんの資料が揃い

アップした古墳以外にも、興味深い古墳や古墳時代の遺構が増えてきたのですが

それらをアップするのは次の機会にしたいと思います。

ありがとうございました。




人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています。いつもクリックしていただいてありがとうございます。
[PR]

by gussannda | 2009-12-06 00:03 | 歴史 | Comments(3)
Commented by at 2009-12-06 02:56 x
古墳シリーズお疲れ様でした。
いろいろ勉強になりました。
これからも楽しい写真期待しています。
Commented by しずおかk at 2009-12-06 23:26 x
「浜松の古墳」シリーズは、とても読み応えのあるレポートでした!!大きさでは磐田市内の古墳に一歩及びませんが、興味深い遺物が出土している古墳や、特徴のある横穴式石室など見どころがたくさんあります。
静岡県西部の、吊り橋を紹介する記事を読んでみたいです。
Commented by gussannda at 2009-12-07 12:00
>圭さん
ありがとうございます。
また見てくださいね^^

>しずおかKさん
ありがとうございます。
記事の修正などは随時おこなってゆくつもりです。
吊り橋もおもしろそうですね^^


<< 写真      写真 >>