☆ぐっさんの写真日記

gussannda.exblog.jp
ブログトップ
2010年 05月 23日

白山神社古墳 浜松市の古墳31

d0079764_22254419.jpg
d0079764_22261748.jpg
d0079764_2226547.jpg



浜松市の古墳シリーズ再開させていただきます。

とはいえ浜松市で鑑賞できる古墳はあまり多くはありません。

どこまで続けられるかわかりませんが、少しづつ続けていこうと思っています。



浜松市西区雄踏町宇布見にある白山神社古墳です。

大正15年7月に境内の参道あたりを工事中に発見されたそうです。

横穴式石室が残されていますが天井石は無く、かなりの部分が解体され積みなおされているそうです。

両袖式の若干胴張りのする石室です。

砂丘に造られた古墳で雄踏町の地域性を感じさせられます。



形状:不明
規模:不明
築造年代:7世紀初頭。7世紀中葉頃追葬。
主体部:両袖式の横穴式石室。
出土品:須恵器4点。人骨片。
位置情報:
北緯34度42分10.71秒
東経137度37分49.29秒




人気ブログランキングへ←人気ブログランキングに参加しています。いつもクリックしていただいてありがとうございます。
[PR]

by gussannda | 2010-05-23 22:42 | 歴史 | Comments(0)


<< 写真      秋葉山古墳群 静岡市 >>